読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つきをかる

お絵かき好きの医学生 月乃子 が日々を徒然と語る。

詰めが甘い

私は何でも詰めが甘い。

プログラミングにしても,英語にしても,空手にしても,勉強にしても。あと少し自分の意識を変えるだけでもっと取り組めることなのになぜかそうしない。まわりで同じことをしている人を見て,私の意識は足りていないと自覚する。やり方は人それぞれだと思う人もいるだろうが,私はどうしてもそう感じずにはいられないのだ。

私が違いを感じざるをえない人と自分は何が違うのか。それはきっと「この分野で私はこうなりたい!」という目標だろう。私にはそんな目標があるだろうか。明確な目標なんて持っているだろうか。どれも持っていない気がしてしまう。さすがに目標なしに私が何かできると自分では思えないから目標はある。ただその質が違う。私の目標は,誰かの目標をそのまま取ってきたもので,自分が思った目標ではない,そんな気がする。ここが私の違和感の発端なのかな??

肯定的な見方をすれば,私にはそれだけ伸びしろがあるともとれる。自分がどうしたいのか。それを考える意識を持とう。

 

という私の備忘録。