読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つきをかる

お絵かき好きの医学生 月乃子 が日々を徒然と語る。

礼儀は一日にして成らず

雑記

こんにちは!月乃子です。

 最近,今年で6年になり国試を迎える姉のお手伝い 兼 引き継ぎ役として臨床科の研究のデータとりをやっています。そこでは臨床で働いている先生方のお力を借りて,研究が成り立っています。というのは治療に際して,データをとるから。うーん,こういう話はどこまでして良いんでしょうかね。詳細には記せないので所々事実と変えておおよそのお話をしないとですね。でも,今回の話にはあまり研究について書くことはないか。

 

 

 研究のお手伝いの関係で,研究室にも医局にも先生の集まるお部屋にもお邪魔させて貰っています。その際に何に一番神経をすり減らすのかというと,「礼儀」です。家のしつけで礼儀についてきつくしかられた記憶がないけれど,一般的に見て普通程度の礼儀は,私自身わきまえているのではないのか,と今までを振り返って思いました。けど本当に?先生方と何をお話ししてよくて,してはいけないのかそれすらよくわからない。こう話している敬語は合っているのか,おかしいことになっていないのか,それもわからない。わたしはこの場(研究室や医局)でくつろいでいても良いものなのか!?ある程度は良いんだろうけどどこまでなのかわからない。

 なんかバイトしておけばよかった・・・!

これが研究室に通い始めてからの後悔です。私は奨学金を十分に貰っていてかつ実家生であることもありバイトなどしなくても十分お金が回りました。そのため時間を売ってお金は手にしなくていいや!と思ったのです。でも,あのときの私の馬鹿野郎!裏返せば周囲の子が手に入れているプライスレスな経験を私はしていないと言うことなのだから。それが,叱られることであったり,相手に喜んでもらえることであったり,こき使われることであったり,さまざまであるだろうけれど,学生のうちにしかできないとはまさによくいったものだなあと大学4年生になって今更にして思います。

 つまりまとめると,バイトしていたら集団の中での礼儀が身についたんじゃなのか。とそう思った次第です。

 礼儀礼儀と私は繰り返していますが,考えてみると礼儀と言ってもいろいろありますよね。マナーと言われるもの,エチケットと言われるもの。広げるとモラルと言われるもの。手紙の書き方にだって礼儀はあるし,いろんなところで必ずと言って良いほど顔を出してくるので難しいですね。

 ああ,どうしたものなのか。

 礼儀というのは,社会があって,その中に集団があって,その中の人間関係があって,その上で成り立つものだろうと考えています。極端な話,私しか存在していなければ気を遣うなんてこともないですからね。ああでも,敬語に関しては勉強が必要ですね。まあそんな感じで,よく言うところの「相手を思って,考えて」なのかなあ・・・礼儀というのは。稚拙な部分は沢山あるけれど,ひとまずは,親しい親しくないにかかわらず相手をみて,考えて行動していくことに今までよりも徹底しようかな。礼儀は一日にして成らず!

 

 ではでは!