読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つきをかる

お絵かき好きの医学生 月乃子 が日々を徒然と語る。

画材集めが趣味になりつつある その1

f:id:anemone-oct18:20160325174910j:plain

 こんにちは。少しぶりですね!月乃子です。

 最近旅行へ行ったり,外へ遊びに行ったりと時間を作れず日記を書けませんでした。

 

 今回は私が現在持っている・使ったことがある(抜粋)画材について一人語りをしようかな~と思いまして。本屋や画材屋さん,ネットでことあるごとに絵の具やら筆やらを見ているし,大学で画材については話す相手もいないのでここに書いておきたいなとも思いまして。あわよくば絵を描くことに興味を持ってもらえたらなあと。あとは,絵を描いている方からのコメントでこういうのを私は使っていますよ~などが聞けたら最高です。

 

 

絵の具類

 私は メイン:水彩絵の具(透明も不透明も)

    サブ :色鉛筆,コピックチャオ,クーピー,クレヨン

を併用して絵を描いています。もちろん単独のときもあります。

 

使用しているもの達 ↓

透明水彩  ー ホルベイン(30色セット+シェルピンク,ライラック,フタロブルー,インジゴ,ペインズグレイ,ロイヤルブルー,ブリリアントオレンジ)

         月光荘(トライアンローズ,スカーレット,コバルトブルー,ウルトラマリン,プルシャンブルー。すべて未使用)

         クサカベ(アクアブルー)

不透明水彩 ー ターナー(沢山ありすぎて書ききれないので写真を参考)

・色鉛筆   ー ファーバーカステル ポリクロモナス(120色の木箱入りのやつ)

         同上 アルブレヒト デューラー(3色だけバラ買い)

・クーピー  ー さくらクーピークレパス(60色)

・クレヨン  ー 小学校のとき貰ったもの

・マーカー  ー コピックチャオ(36色のA,B,C,Dセット)

 私の使用画材の変遷は,幼少期から順に並べるとクレヨン,クーピー,さくら不透明水彩コピックターナー不透明水彩透明水彩(上を参照)・・・という感じです。それにしても,持っている色物系を書き出すと,いかにお金を使ったかがわかる・・・。ちょこちょこ買っていたから,あまり気にしたことがなかったけれど・・・!

 一番愛用しているのが,不透明水彩,いわゆるアクリルガッシュですね。不透明水彩?なんだそりゃ?という方のため,簡単に説明します。水彩絵の具は透明水彩絵の具と不透明水彩絵の具に分かれます。前者は透明というように重ねて塗って混色などを楽しむことのできる透明感を持ち,後者はいわゆるガッシュと呼ばれるもので,マットな質感で重ね塗りしても下の色が溶け出さないなどの特徴を持ちます。この差は,顔料を溶かしている溶媒の種類と比率によって生まれるそうです。簡単に説明するとこんな感じですかね。興味のわいた方は,グーグル先生に聞いてみてください!

 それで,私はガッシュでは水で薄めて重ねる塗り方が好きです。もちろんそのままがしがし使って塗るのも楽しいけれど,薄めると色が重なっていっていい感じになります。ただ,色の定着が少し悪い気がするのが難点。ガッシュとの初めての出会いは,中学校。美術の用具で配られたもの(ターナー)が最初になります。それからずっとターナーばかりです。ホルベインのとか気になってはいるけどなんとなく手が出ない。沢山の色を持っていますが,混色が何よりも楽しいです。最近は原色で使うことが多いのですが,混色すると何とも言えない濁色になるので素敵です。

 ターナーガッシュで個人的に使いやすい色は,オペラレッド,コーラルレッド,江戸紫,アプリコット,薄水色,セピア,フレッシュグリーン,バーミリオンなどなど。

 特にオペラレッドなんかはどぎつい色だなあと思っても案外画面になじんでくれて,いい味を出してくれるので重宝しています。アプリコットなんかは使うと綺麗になじんでいい感じだし,江戸紫も紫紫していなくて落ち着いていて使いやすいし。言い出したらきりがないですね。

 最近はまっているのが,透明水彩。最初にホルベインの30色セットでそろえたけど,バラ買いの方がよかったのかなあ~と最近思っています。わりと使う色が固定している・・・気がするから。ガッシュで頑張っていた重ね塗りはこちらで行うのが一般的なのか!とあとから知ったのは本当に最近。ガッシュと発色がなんとなく違う,気がする。こちらの方が鮮やか,な気がする。まだ,混ぜすぎると濁るというのを理解していないほど初心者です。もともと濁った色を使うのが好きというのも影響しているのかもしれない。

 ホルベインで個人的に使いやすい色は,オーレオリン,ミネラルバイオレット,オペラ,シェルピンク,ライラック,ブリリアントオレンジ,プルシャンブルー,サップグリーン,バーミリオンヒュー。

 青色系はいつかコンプリートしたいなあと思っています。3原色でどれかと言われると青色が好きだから。関係ないけどポケモンでは赤が好き。

 

 コピックは一番安いチャオです。いずれスケッチに変えたいなと思っています。コピックは,気軽に使えるのでイラストの着彩に多用。使いやすい。私が絵に本当にはまりだした時期に買ったものなので,愛着があります。昔は使わなかった色が最近はとても優秀だったと気がつき使うたびに驚きの連発です。この色使えねえなあ~とか思っててすみませんでした,Too.さん。重ねて塗ると深みが出ていいのですが,重ねすぎると汚くなるので要注意な奴らになります。でも失敗は許されないのに,行きあったりばったりで混色して楽しんでいます。あとアルコールで脱色したりするとなかなか趣のある画面になるらしくやってみたいと思いつつまだやっていない。

 色鉛筆は,プリズマカラーからファーバーカステルに移行しました。プリズムの方は,親のぼけ防止用の塗り絵用に変身(色鉛筆がなくて困っていたようなのであげた)。そうしたらわらしべ長者じゃないけれど,好きなの買ってあげるって言ってくれて,ファーバーの木箱を買って貰いました!まさに「一生大事にするよ,母さん!」という気分。大切に使っています。色数が多すぎて使ったことない色多数。

 上記の中で今まで説明がないものは基本的にもらい物だったりお下がりだったりします。つまり,あまりこだわりとか思い出がないのだ!

 

 絵の具類だけでかきすぎちゃったぜ・・・話せば長くなることばかりだから。それにまだまだかける。

紙類

・ランプライト ブロック F6

 国産だからか安い。にじみも綺麗にでる気がする。紙色もいい感じ。マスキングにも負けない!強い!激しいウォッシュはしたことないけど,画面強いと感じる!

 レビューを探しても,ランプライトは少なめなので購入するのが不安だったけど,よい買い物でした。

ウォーターフォード ホワイト 中目 300g 八つ切り

 いろんな人が使いやすいって言ってるから買ってみたら本当に使いやすいと思った。まだ使いにくいものを使ったことがないから何を偉そうに!という感じだけど,にじみとか綺麗にでていい感じでした。マスキングも大丈夫だった!

・アルシュ ブロック (未使用)

 たまたま安かったので購入。水彩紙の金字塔的立ち位置だと聞いているので使うのが楽しみな反面,癖があるとも聞くので使いこなせるときは来るのかと不安になる。まだ使ってないのに何考えているんだか!

ホルベイン 水彩紙コレクションブック F4

 いろんな紙を使ってみたいと思って購入。まだ全種類は使っていない。ストラスモア,いい感じでした。

・ワトソン

 紙の厚さは薄いぺらっとしたスパイラル形式のやつ。乾いたあとぼかしはそこそこでエッジが強く残る印象です。残りすぎる場合は筆でこすってならしてティッシュオフしています。紙が薄めなので水張りしないとやはりぼこぼこになります。大学1年の時あることがあってそのとき購入して経費が出たためお金がかかっていない。だからか,もっぱら練習用として使用しています。これを買った頃はまだ透明水彩に手を出していなかったので,紙にこだわりがなかったけど今思えばホワイトワトソンの方がよかったなあと思わなくもない。

・安いスケッチブック

 マルマンのことが多い=気がついたらマルマン。基本的に,混色した色の試し塗りややろうとしていることがうまくいくかどうかの試作段階で大活躍。透明水彩のパレットの色配置もかいてあったりする。

クロッキー

 下絵や下書き,線画に使う。ここに描いた線画はPCに取り込んでPCで色塗りをします。楽しいです。帳面自体はいろんな大きさを持っているけど,大きい方がのびのび描けて好きだなあと最近気がついた。文具屋の10%OFF券を手に入れると買っています。消費するものだから安く手に入れたいのです。昔はクロッキー帳ではなくて,ただの無地ノート(B5)を使っていたけどクロッキー帳が使いやすい。枚数が多くて紙面がでかいからよいです。

・マットサンダース

 クリーム色の紙面で私好み。水彩紙らしい画面の凹凸はあまりなく丈夫な印象。そもそも透明水彩向きではないのかもしれません。私はガッシュ使って描いていたし・・・ちなみに高校2年生のとき,部展に出す作品を制作する際にこの紙を使用しました。

・マーメイド

 ぼこぼこした凹凸が特徴的,だと思っています。安いし普通に使いやすい。高校に入って初めて使った紙。その頃は,世の中がこんなにも紙であふれているなんて知りませんでした。画面も丈夫な気がするのでまた折を見て買おうと思っています。

 

 マスキング液が使えるかどうかは結構私の中で大切なので,丈夫とかいたものに関してはマスキング液はいけます。紙選びで迷っている方は参考にしてください。

 

筆,その他

も書きたいのですが,長いのでいったんここで切ります。また後日書きます!果たして需要はあるのか不安ですが,私はとても楽しいのでよしとしましょう!

 

では!