つきをかる

お絵かき好きの医学生 月乃子 が日々を徒然と語る。

私と絵,について

f:id:anemone-oct18:20160306153838p:plain

 こんにちは。月乃子です。書きたいことは沢山あって書くけど長くなりすぎるので要修正のために下書きだけがたまっています。ちなみに絵は大学2年の時に描いたもの。わりと気に入っています。

 今回は私の絵について少々思うことを昔を振り返って。つらつら書きますがどれも削れないので長いまま修正なしでお送りします。むしろ書ききれてないからね。言葉足りてないからね。

 

 

 

 私は気がつけば絵を描いていました。おそらく小さい子供のお遊びとして。それから気がつけば自分が楽しくて楽しくて,うまくなりたくて描くようになっていました。

 小学生の頃は何も思わずひたすらノートに絵を描いていました。新聞にある週1のイラストコーナーに毎週はがきを出していました。載るたびに嬉しかったのを覚えています。何冊のノートを詰めたかわかりません。少女漫画にはまり,少女漫画の目の大きさに嫌気がさし,藤田香さん(私が当時好きだった黒魔女さんが通る!!の挿絵をされている方)の絵にはまり,まねをしていろんな絵を描いていきました。6年生の卒業文集には将来の夢は イラストレーター と書いていました。

 中学生になって上手になりたい,それでもって私の描く絵を見て幸せな気分になって欲しいと思うようになりました。漫画デッサンやパースについての本を読み自分の中に落とし込んでいきました。お絵かき掲示板でいろんな人の絵も見つつ,マウスで自分も絵を描きました。ペンタブを買って中2でマウサー(マウスを使って絵を描く人のこと)から移行。絵を見てもらうためHPも作りましたし,Pixivにも登録しました。美術部に所属したので絵以外の作品も作り芸術は幅が広いことを知ります。中学の勉強は難しくなかったので隙あらば絵を描いていました。新聞への投稿(年齢制限が高校生未満)はかわらず続けました。載せてもらえる頻度が高くなって,私のファンだと言ってくれる人も出てきて本当の本当に嬉しかった。

 高校に入ってまた美術部に入りました。部活でお互いを高めあえる親友ができました。レベルの高い子がいることを知りました。私はまだまだだと思い知らされました。絵の具で描くことに魅了されました。高校に上がるまで紙というのは水で濡れると丸まるし扱いにくいと思っていたのが,水張りの存在を知り感動しました。油絵も何枚か描きました。自分の内なる自分と表現したいことを考える,その作業で疲れることを知りました。それまで私は本当に描きたいようにしか描いていなかったし主題なんて何も考えていなかったのです。ただ私の通っていた高校は進学校で勉強に時間を割くことが多かったため1枚にかかる時間は増えていたので描く枚数は減りました。小学校がピークでそれ以降は減少。また,同時に高校は進路も考える時期で,悩んだあげく抗1の夏,芸術系は趣味にとどめようと決めたのです。そして気がついたら理系で志望校は医学部でした。そして高校3年間を地味に頑張っていたおかげか推薦で合格が決まりました。

 大学に入っても美術部に所属しています。そして美術部に割り当てられている部屋に水回りがなくて大変なので家で制作をしています。最近は基礎を見直そうといろんな本を買って少しずつ勉強をしています。新しい画材を買っては試行錯誤するのが楽しいです。最近は透明水彩の扱いに慣れようと頑張っています。美術部に入っていると,ポスターの絵を任せてもらえたりするので私個人としてはとても満足しています。ただ描いている枚数は少ないです。

 しかし医学部の部活だからなのか絵に真剣に向かって取り組んでいる人がいない。私が戸惑ったのは高校のときとのギャップです。高校時代は優秀でかつ絵もしっかり取り組んでいる人が私のまわり,つまり部活の中には大勢いました。医学部ですから当然頭はいいのです。でも,美術部とは名ばかりで真剣に取り組んでいるように私には見えない。そもそも絵を描いている人がいない。もちろん絵以外も立派なアートでしょう。でも何も制作していないのです。大学祭のとき作品展示を行いますが私がいなかったら作品の展示はほぼゼロです。「なんだかなあ~~なんのために美術部に所属しているんだろう。」いつも私は美術部の部員と話しているときに思います。まあ,要するに仲間がいなくて私は寂しいんだと思うんですけどね。だから最近は絵の人口を増やそうと同学の子を誘っています。絵描かない?ってね。まだ一人も捕まえられてないけれど。これからも仲間増やしを頑張ります!

 

 もう私の人生は絵とともにあると言っても過言ではありません。といっても発展途上(であってほしいという願望)。少しずつ絵に対する考えが変わってきた面もあるけれど,まだまだ私はうまくなりたいと思うし,自分を表現していきたいと思っています。医師になってもどんなに忙しくっても絵は続けたいと本当に思っています。それに中学生の頃に思った私の描く絵を見て幸せな気分になって欲しいというのは今でも変わっていません。でもまあ,幸せというのは定義があやふやなんでこの言葉で中学生の私が思ったことをきちんと伝えられているわけではないですね。

 なんだか長くてまとまらない文章。描きたい思いがある,それは絡み合っているのでほどいてきれいに話すのは今の私には難しいです。いつかもっとうまく話せるのかな。

 

 では,また会う日まで。